周りの人が理解しにくいパーソナリティ障害|周囲の理解が改善の鍵

このエントリーをはてなブックマークに追加

増えている傾向のある病気

頭を押さえる女性

どのような病気なのか

パーソナリティ障害はあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、近年は増えている傾向のある病気のようです。家庭や職場などで奇妙な言動や行動で周りの人が困っているケースがこれに当たる場合も少なくないようです。本人はその異常さに気がつかないのですが認知や感情、衝動的なコントロールや対人関係の面で人格障害が幅広くでるのが主な症状です。パーソナリティ障害という病気と聞いても、どのような病気なのか、認知されていないことが少なくないようです。その為、病気と理解されずに性格が悪い人ということで片付けられてしまい、社会にでて苦しんでいる人が多い病気です。多くの場合では思春期くらいから、その病気が疑われるような言動や行動が出現しているようですが、気づかれないまま年数が過ぎてしまうことも珍しくありません。また、パーソナリティ障害は大きく分けると3つの種類に分けられるようです。一つは奇妙な行動や発言が目立つパーソナリティ障害です。もう一つは自己愛が強くて演技的な障害があります。

特徴を知った上の対処法

最後に、抑うつ的な行動や考えの強いパーソナリティ障害です。このように特徴に違いはありますが、これらはみんなパーソナリティ障害という病気だとされています。原因は生まれもっての特性だったり、幼少期のトラウマや過去の苦しい環境ではないかとされていますが、詳しくは解明されていないようです。そして、このパーソナリティ障害の特徴として、他の精神疾患を併発しやすいという事があります。その為、病院を受診しないで放置しておくと症状がひどくなる場合もあるので、病気が疑われたら早めに精神科や心療内科の病院を受診するのが良さそうです。それらの病院では、カウンセリングや行動療法を中心に治療が行われます。これは、少しずつ正しい考え方に戻していく治療法で、病院の医師と周囲の人が協力して行うのが大切のようです。また、必要に応じて薬物療法も行われます。ただ、パーソナリティ障害の人がそばにいる場合は、どのように接したら良いのだろうか、と思うかもしれません。大事なのは奇妙な言動や行動が出ても、批判しないで少し距離をおいて付き合うことのようです。

Copyright © 2016 周りの人が理解しにくいパーソナリティ障害|周囲の理解が改善の鍵 All Rights Reserved.